アインシュタインから学ぶ「質問」の重要性

ケンイチ
こんにちは、昼「サラリーマン」、夜「社長」の次世代副業家のケンイチです^^

突然ですが、

あなたがある問題を

60分以内に解けない場合は

 

 

「死刑だ!」

 

 

といわれた場合、

あなたは一体何を考えますか?

 

 

 

その問題を解決するために

知り合いに電話しまくりますか?

 

 

ネットを使って

検索をしまくりますか?

 

 

上記を踏まえて言えることは

解決できる方法を一刻も早く考えて、

答えを導き出そうとするのが

至極当たり前の流れの考え方です。

 

 

 

天才物理学者、アルベルト・アインシュタインが

こんな質問を受けました。

 

 

「あなたが死にそうな状況になって、

助かる方法を考えるのに1時間あるとしたら、

どんな事をしますか?」

 

 

アインシュタインは、こう答えました。

 

 

「最初の55分は、適切な質問を探すのに費やすだろう」

 

 

55分間は、その問題を解決するためには

何を質問すればよいのかということを

自分自身に問いかけることから始めます。

 

 

55分間は質問を考える。

5分で、問いに答える。

 

 

大事なことは

その問題を解決するための

適切な質問を探しだすこと。

 

 

結果を出すためには

どうしたら良いのかを

導き出すためには、

 

問題を分解(構造化)し、

ひとつひとつ適切な質問を探し出し、

解を導きだすことです。

 

 

問題に直面した時は、

その問題を解決して、

結果を出すにはどうしたら良いのか?

 

 

という質問を、

まずは自分自身に投げかけてみることから

始めみてはいかがでしょうか?

 

 

今回は以上となります。

 

最後まで、

お読みいただきありがとうございました。

 

ご参考になれば幸いです^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

『サラリーマン』『2つの事業を持つ社長』『愛娘へデレデレなパパ』の顔をもつ、次世代型副業家。 ~10年もの長い不妊治療との戦いの末、奇跡的に我が子を授かる。 不妊治療は高額医療の為、夫婦で頑張って貯めてきた貯金を、すべて使う覚悟で挑む!→見事に全て使い切る(汗) 貯金も底をつく中、さらに、不景気により”給料15%カット”というジリ貧状態へ^^; そんなジリ貧サラリーマンが、未来を切り開くために、インターネットを使った新しい副業との出会いをきっかけに、想像だにしなかった未来へと、大きく人生を好転させた方法を発信中。