次世代型副業術~2分でわかる転売・せどり基礎講座~初級編 せどりとは?

ケンイチ
こんにちは、昼「サラリーマン」、夜「社長」の次世代副業家のケンイチです^^

今回は、せどりとは?について、2分でわかるように、まとめてみるよ^^

せどりって、なーに?

あなたは、ひょっとするとせどりという言葉を、一度は耳にしたことがあるかもしれない。

一説によれば、本の背表紙を見て取る(仕入れる)、すなわち【背を見て取る→せどり】という、古本市場で使われていた言葉が由来だと言われています。

今は、商品の裏(背)にあるバーコードを読み込んでから取る(仕入れる)、というふうに時代に即した手法へと変化してきています。

ケンイチ
むかし古本を仕入れるのに、知識と経験を生かした「目利き」という手法が主流だったね。古本だけに限った話ではなく、魚市場で新鮮な魚を仕入れる手法も、「目利き」と言われたりするよね。

現代では、ほとんどの商品パッケージの裏側に、バーコード(JANコード)が印刷されています。

ごく一部の人にしかできない「目利き」に頼ることなく、今では、せどりのノウハウとして確立されている、専用アプリでバーコードを読み込むことにより、その商品を仕入れるか仕入れないかの判断基準を、誰でも瞬時にできようになったわけです。

巫女たん
ふーん、むかしは、人間の『目と知識』に頼っていた『せどり』も、現代では、販売データを読み込んで、商品の仕入れ判断をしているんだね~。

なんか、ハイテクだね。

ケンイチ
ある意味『勘や記憶』的な要素もあったむかしの仕入れ方法とは異なり、実際の販売履歴データからの仕入れ判断基準決定をするので、ほぼ外すことなく、仕入れをすることができるんだよ^^

せどりとは、古本を指すことが多かったですが、今では、オールジャンルでの仕入れを指す言葉となってきています。

もちろん、新品商品だけではなく、中古商品の販売をすることも可能です。

ただし、新品商品では検品をする必要はありませんが、中古商品の場合は、検品作業が必要となりますので、気を付けなくてはなりません。

 

ツールを使って仕入れ判断をするので、商品に関する知識はほぼ必要ありません。

ツールが、この商品が”月間いくらで、何個売れているか”を示してくれるので、その情報を元に、ぼくたちは仕入れ判断をするだけで良いのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

『サラリーマン』『2つの事業を持つ社長』『愛娘へデレデレなパパ』の顔をもつ、次世代型副業家。 ~10年もの長い不妊治療との戦いの末、奇跡的に我が子を授かる。 不妊治療は高額医療の為、夫婦で頑張って貯めてきた貯金を、すべて使う覚悟で挑む!→見事に全て使い切る(汗) 貯金も底をつく中、さらに、不景気により”給料15%カット”というジリ貧状態へ^^; そんなジリ貧サラリーマンが、未来を切り開くために、インターネットを使った新しい副業との出会いをきっかけに、想像だにしなかった未来へと、大きく人生を好転させた方法を発信中。