5億円企業経営者の思考術ー1000人の中で成功する1人になる方法ー

ケンイチ
こんにちは、昼「サラリーマン」、夜「社長」の次世代副業家のケンイチです^^

今回は、ぼくのメンターでもあり

年商5億円企業の経営者でもある

加藤将太さんから教わった

「1000人の中で成功する

1人になる方法3STEP

を、お話ししたいと思います。

 

この3STEPを知ることで、

あなたはビジネスだけに限らず、

現状、そして今後取り組むことを成功させ

より有意義で豊かな人生を手にすることができます^^

 

構成要素を見出し、分解する

まず、最初にやるべきことは

取り組むべきことの

「構成要素を見出す」ことです。

 

一体どういうこと?

と、思われる方もいると思いますので

まずは「構成要素」とは何なのか、からお伝えしますね。

 

構成要素の定義は、

あるものを組み立てるのに必要な基本的なものであり、

その取り組む事柄を組み立てている部品

つまりどんな部品で成り立っているのか、ということです。

 

最初にどのような要素(部品)で

組み立てれれているかを見出して

その要素(部品)を

3~4つ程度に分解していきます。

 

例えば

「英語」をマスターしたいと思った時に

どのように勉強をすれば

もっとも効率がよく

最短で習得できるのか、を考えたときに

英語そのものの

「構成要素」

を見出すことから始めます。

 

英語の構成要素を分解してみると

下記の要素で

構成されていることがわかります。

  1. hearing(聞くこと)
  2. speaking(話すこと)
  3. reading(読むこと)
  4. writing(書くこと)

 

これが、構成要素を見出す作業となります。

 

素材を入手する

それでは、構成要素を見出し、

分解した後はどうするのかというと

その要素を

習得する素材(方法論やマニュアルなど)

を入手します。

 

具体的に分解した1つ1つの要素を

インプットする方法を探し

見つける作業です。

 

先ほどの「英語」で説明しますと、

英語とは4つの構成要素から

成り立っているのを見出しました。

 

そして、次にやるべきことは、

その1つ1つを効率よく勉強するための

素材(参考書や過去問)を入手していきます。

  1. hearing(聞くこと)
  2. speaking(話すこと)
  3. reading(読むこと)
  4. writing(書くこと)

 

各々に特化した教材を

入手するということです。

 

模倣&実行

そして、最後にやるべきことは

「実行(行動)」あるのみです。

 

構成要素を見出して分解し

その1つ1つの要素を

効率よくインプットできる方法論を入手し

「あとはやるだけ状態」にすることが

取り組むことを成功させるための

もっとも有効な手段なのです。

 

英語の例で言いますと、

4つの要素を習得するための素材を入手したら、

1つずつインプットしていきます。

 

いっきにすべてを

インプットしようとすると効率が悪いので

期間を決めて

hearingならhearingのみを

インプットし続けます。

 

これは

シングルタスク(1つのことに集中する)の原則といい

人間がもっとも効率良く

インプットしやすい方法なのです。

 

まとめ

年商5億円企業経営者の

加藤さんはこう言います。

まず、構成要素を見出し、分解することができる人は10人中1人。

そして、素材を入手することができる人が、その中の10人中1人。

最後に、模倣&実行できる人が、またその中の10人中1人。

つまり、1000人中1人しか

成功にたどり着ける人がいないということです。

 

ぼくは、この方法を知ってからは

本業や副業、普段の生活に当てはめて

有効的に使用しています^^

 

例えば

Amazonを使ったネットビジネスの

構成要素を見出してみると・・

  1. Amazonアカウント作成方法
  2. 商品仕入れ方法
  3. アマゾン倉庫納品方法
  4. 顧客対応方法

 

上記4つの要素に分解できます。

 

Amazonを使った

ネットビジネスを始めてみようと思っても

一歩目が踏み出せない

どうしたら良いかわからん、という人は

その方法論を入手してみてください。

 

そうすれば

「あとはやるだけ状態」です!

 

そして

実行部分で一番効率が良いのは

「すでに結果を出している人の真似(模倣)をする」

ということです。

 

構成要素を見出し、分解し、素材を入手したら

実行段階では成功者を模倣してみてだくさい。

 

なぜならば

成功者と同じことをしたら、

同じ結果がでやすいからです。

 

最初からオリジナリティは必要ありません。

 

自分の色を出していくのは、

ある程度の基盤ができてからでも

遅くはないですからね。

 

以上が、年商5億円企業経営者の思考術

”1000人の中で成功する1人になれる方法”でした。

 

ご参考になれば幸いです^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

『サラリーマン』『2つの事業を持つ社長』『愛娘へデレデレなパパ』の顔をもつ、次世代型副業家。 ~10年もの長い不妊治療との戦いの末、奇跡的に我が子を授かる。 不妊治療は高額医療の為、夫婦で頑張って貯めてきた貯金を、すべて使う覚悟で挑む!→見事に全て使い切る(汗) 貯金も底をつく中、さらに、不景気により”給料15%カット”というジリ貧状態へ^^; そんなジリ貧サラリーマンが、未来を切り開くために、インターネットを使った新しい副業との出会いをきっかけに、想像だにしなかった未来へと、大きく人生を好転させた方法を発信中。