退職代行サービスビジネスから見る新規事業発想法

ケンイチ
こんにちは、昼「サラリーマン」、夜「社長」の次世代副業家のケンイチです^^

今回は、MBA(経営学修士)で

マーケティング環境分析の

フレームワークとして取り扱われる

3C分析を用いて・・・・・

・・・・

・・・

・・

 

いきなりブラウザの

✖ボタン押されそうですよね^^;

 

 

すいません・・もとい。

 

 

今回は、ビジネスに関する

”新規事業の思いつき方”

お話ししてみたいと思います。

 

その方法とは・・

 

 

「困ってみる」

ことだったのです!

 

3C分析って何?

まず、新しいサービスの発想方法として

3C分析という方法があります。

 

3Cとは

Customer(市場・顧客)

Company(自社)

Competitor(競合)

 

3つの頭文字”C”を取ったものです。

 

簡単に言うと

こんなサービスがあれば

たくさんの人の

困っている事を解決できて

お金をたくさん

稼ぐことができるぞ!

と、思いつくための

考え方(考える順番)みたいなものですね^^

 

 

3Cの使い方

考え方の順番はこうです。

 

Customer(市場・顧客)
↓↓↓
Company(自社・自分)
↓↓↓
Competitor(競合)

 

市場・顧客目線で

満たされていないニーズ・ウォンツ

考え(見つけ)て

”客として困ってみる”

のです。

 

決して、以下の順番ではないのです。

Company(自社・自分)
↓↓↓
Customer(市場・顧客)
↓↓↓
Competitor(競合)

 

始めが、よくやりがちでもある

 

「自分がしたいこと!」

 

・・・ではないのです。

 

 

もちろん

自分がしたいことを

ビジネスにした方が楽しいし、

継続もしやすいとは思いますが、

 

実はそれがビジネスの失敗に

つながってしまう恐れがあるのです。

 

 

では、なぜ失敗する恐れが

あるのでしょうか?

 

 

それは

”自分がやりたいこと”だからです。

 

 

言い換えると

 

「自分がやれること(実行可能性)」

 

だけで考えてしまうからです。

 

 

顧客のニーズ・ウォンツを満たしていない、

つまり、自分よがりに陥りやすいということです。

 

 

新規事業を考えるのであれば

必ず、Customer(市場・顧客)の目線から

始めなければなりません。

 

 

順番はこうです!

顧客が満たされてない
ニーズ・ウォンツにより、
困っている状態を
解決するサービスはないか?

↓↓↓
ピコーン、ひらめいた!
じゃあ、自社(自分)がやってみよう!

↓↓↓
さて、どんな競合がいるのか?
↓↓↓
競合の良いところをさらに取り入れよう!

 

これが、MBA(経営学修士)でも

取り扱われているマーケティング分析法です。

 

 

退職代行サービスを分析してみる

退職代行サービスとは

仕事を辞めたいと言えなかったり

辞めることができずに

悩んでいる(困っている)人に代わって

会社に退職の意思を伝えてくれるサービスです。

 

 

仕組み的には

弁護士や代行業者が依頼人の代わりに

勤め先の会社に退職の意向を伝えます。

 

 

依頼人は会社側と

退職に関する話をすることなく

辞めることができてしまう

 

という流れになります。

 

つまり、会社を辞めたくても辞められずに

苦しんでいる(困っている)人たちの問題を

解決してあげるサービスですね。

 

 

このビジネスに関して

賛否両論はあると思いますが

3C分析をしてみると

新規ビジネス創出でもっとも大事な

”お客になって困ってみる”

から生まれているビジネスだと思いました。

 

 

「会社を辞めたい!というウォンツ」

○○したい!という欲求。

 

「会社を辞めたいけど、辞めさせてくれない」

という体調をも崩しかねない悩み。

 

じゃあ、その問題や欲求を解決してあげよう。

退職を代行してあげるサービス

 

顧客のニーズ・ウォンツから

考えたサービス(ビジネス)なのがわかります。

 

まとめ

退職する側にしてみれば

3〜5万円で、職場や上司とのやり取りや

モチベーションを失った仕事の

残務処理などから

解放されるのであれば

この金額でも決して高くないと

判断する人も少なくないはずです。

 

 

一方、いきなり退社された会社側にしてみれば

仕事の引継ぎができない場合が多く

残された従業員たちへの負担となってしまいます。

 

 

現代社会の問題でもある

人手不足という”売手市場”という背景と

終身雇用の崩壊と

転職が当たり前の時代。

 

 

このサービスの需要は

これからも高まっていくかもしれませんね。

 

今回は以上となります。

ご参考になれば幸いです^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

『サラリーマン』『2つの事業を持つ社長』『愛娘へデレデレなパパ』の顔をもつ、次世代型副業家。 ~10年もの長い不妊治療との戦いの末、奇跡的に我が子を授かる。 不妊治療は高額医療の為、夫婦で頑張って貯めてきた貯金を、すべて使う覚悟で挑む!→見事に全て使い切る(汗) 貯金も底をつく中、さらに、不景気により”給料15%カット”というジリ貧状態へ^^; そんなジリ貧サラリーマンが、未来を切り開くために、インターネットを使った新しい副業との出会いをきっかけに、想像だにしなかった未来へと、大きく人生を好転させた方法を発信中。