【第3話】ネズミ講で、50万円の羽毛布団セットを買わされた話

僕が20歳の時「ネットワークビジネス」、いわゆる”ネズミ講”へ、高校時代の同級生から言われるがままに入会してしまい、50万円相当の羽毛布団セットを買ってしまうハメに…。

久しぶりに会う本当の理由

当時、僕は毎日友達と遊ぶことに夢中で、ビジネスというものには全く興味がありませんでした。

仕事は、新卒で入社したスーパーの突然の閉店により、当時興味があった、『車の整備』を覚えるべく、街の整備工場に知識ゼロではありましたが採用され、勉強しながら技術を覚えていました。

高校を卒業してから、もう2年は経っていた頃、突然高校時代の友達から電話がありました。

その友達とは、特に仲が良かったわけではなかったのですが、わざわざ電話をくれて、「今度会って飲もうよ!」と誘ってくれたことがうれしくて、早く直接会って話がしたいとワクワクしていました。

でも、その友達が僕を誘った本当の理由は、高校時代の友達として、お酒を飲みながら昔話に花を咲かすためではなく、僕をネットワークビジネスに勧誘し、50万円もの商品を売るためだったのです。

僕は、ネギ背負ったカモ?

久しぶりにその友達と会った僕は、完全無防備で、昔話に花を咲かせていました。

最初は、友達も一緒に昔話に花を咲かせていましたが、そのうち、ネットワークビジネスに関する話が徐々に始まっていきました。

何やらお金が儲かるとか、とても簡単なんだとか。

お酒も手伝い、無知な僕は、見事その話に翻弄されることに(汗)

へぇ~、そんなビジネスがあるんだ〜、本当に儲かる話なのかも・・・と。

今思えば、僕は完全に良いカモだったと思います。

組織ぐるみでのクロージング

後日、新宿の喫茶店(クロージング会場)で再び会いました。

僕と友達のまわりは、すでにそのネズミ講仲間たちに囲まれていました(笑)

ネズミ講仲間たちが、みんなで手助けしながら、一人の見込み客をクロージングしていくという戦術が確立されていたのです。

その日までの間に色々と考え、やはり自分には、人に商品を売ったりするなんて無理だから、この話はきっぱり断ろうと思ってはいたのですが、もはや断るなんて無理な状況に(汗)。

結果、見事に50万円相当の羽毛布団セットを買うこととなってしまいました・・・。

その羽毛布団セットを売ることさえできれば、どんどん会員レベルも上がり、収入も半端なく上がる話だと聞いてはいましたが、良い商品を自信を持っておすすめするのではなく、まったく興味もない高額商品を他人に買かわせることで、あなたが”稼げる”というビジネスモデルだったのもあり、”人に売りつける”という感覚があり、どうしても、知り合いを勧誘するという行為ができませんでした。

そもそも、僕にそんな販売スキルや度胸などはありませんでしたが・・。

そのうち、新宿駅近くの喫茶店に集合するのもだんだんと面倒くさくなっていき、そのまま、はい、無理ですって、感じで脱会をしました。

結局、残ったものは自分の不甲斐なさと、羽毛布団セットと、50万円ものローンだけでした(汗)

50万円ものローンは、若干20歳の思考停止状態の若者には、過酷な支払いでもありました(自業自得なのですが^^;)。

その後、その友達からは一切連絡もなくなり、今では何をしているかもわかりません。

唯一の救いは、僕のお金はなくなってしまいましたが、大切な友達をなくすことを避けることはできました。

ひょっとすると、そのネズミ講の友達は、本当に大切な友達には声をかけていなかったかもしれませんが・・・(汗)

そうなると、僕はどうでも良い友達リストの一人だったかも(笑)

 

親にも、50万円もの布団セットを買わされてしまい、ほんとあんたバカだね、と言われる始末・・。

高い買い物でしたが・・・良い勉強になっているような、なっていないような(汗)

ちなみに、その羽毛布団セットは、僕をバカ呼ばわりしていた母にプレゼントをして、長い間使ってもらいました(笑)

【第4話】10年間、不妊治療に挑み続けたある夫婦の物語。その未来に待っていたものとは?

2018.10.28

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

『サラリーマン』『2つの事業を持つ社長』『愛娘へデレデレなパパ』の顔をもつ、次世代型副業家。 ~10年もの長い不妊治療との戦いの末、奇跡的に我が子を授かる。 不妊治療は高額医療の為、夫婦で頑張って貯めてきた貯金を、すべて使う覚悟で挑む!→見事に全て使い切る(汗) 貯金も底をつく中、さらに、不景気により”給料15%カット”というジリ貧状態へ^^; そんなジリ貧サラリーマンが、未来を切り開くために、インターネットを使った新しい副業との出会いをきっかけに、想像だにしなかった未来へと、大きく人生を好転させた方法を発信中。