苦労は買ってでもした方が本当に良いのか?をビジネス的に考えてみた!

売る 苦労 sale
ケンイチ
こんにちは、昼「サラリーマン」、夜「社長」の次世代副業家のケンイチです^^

「若い時の苦労は買ってでもせよ」

という言葉があります。

 

イメージ的には、

若い時の苦労は将来自分への利益となる(役に立つ)ので、自ら求めて(買って)でもした方が良い

 

若い時に苦労や失敗を知らずに過ごしてしまうと、将来困ることになりますよ・・

 

ということですよね。

 

 

それでは、一体将来何に困ってしまうのでしょうか?

 

  • 出世のことでしょうか?
  • 収入のことでしょうか?
  • 人生のことでしょうか?

 

将来困ってしまうのは嫌なので、

苦労を率先して買っていかなければならないのか?

 

 

いいえ、そんなことはなくて、

ビジネス的な考え方であれば

苦労を人に買ってもらう!

という思考が良いのです^^

 

そもそも苦労とは?

それではまず、

苦労の定義をはっきりさせておきましょう。

【苦労】とは、自身の目的のため、

仕事や私生活で物事がうまく進むように、

大変な作業であったとしても耐え続ける行為のこと。

 

得てして目的を達成するための作業とは、

自身が初めて経験する作業であることが多く、

 

  • 慣れない
  • 辛い
  • 先が見えない

 

三拍子揃ってしまう傾向が強いです(汗)

 

 

結果、苦労から逃げてしまい、

何の経験や知識、

結果を得ることができず、

目的を達成することも

できなくなってしまうというわけです。

 

 

将来何に困るの?

では冒頭の質問、

一体将来何が困るのでしょうか?

 

 

の答えとしては、

 

あなたの目的を達成することができないです。

 

 

俺・・そもそも目的なんてないし・・

 

 

いやいや・・あります(笑)

 

 

とても大きな目的で言うと、

「将来幸せになりたい」

という夢・目的がだれにでもあると思います。

 

 

将来どうしても

「不幸せになりたい!」

 

 

・・なんて人はいませんよね?

 

 

目的を成し遂げるために

目的とは、”成し遂げようとすることがら”です。

 

ぼくの思うところ、

「若い時の苦労は買ってでもせよ」

の本質とは、

自身の目的を成し遂げるために、苦労を惜しまず買ってでも努力しろ!さすればいずれ自身の将来の利益となることだろう

 

だと考えています。

 

 

・・・そして、この記事のタイトル

 

若い時の苦労は買ってでもした方が良いのか?

 

の答えとしては、当然

”YES”

となるわけなのですが…

 

 

ビジネス的に考えた時、

そんなこともないのでは??

という思考について

お話ししてみたいと思います^^

 

 

ビジネスとはWIN-WINでなければならない

ビジネスの大前提として【WIN-WIN】

片方がして、片方がする

という事はありえないのです。

 

それは、ビジネスである以上、

利益を出さなければ存続できないからです。

 

 

また、

ビジネスで大事なことの1つでもあるのが

「スピード」です。

 

 

どんどん時代の流れが速くなっている中、

のんびりとビジネス構築をしていたとすれば、

あっという間にノウハウが

まったく通用しなくなってしまった、

なんてことはよく聞く話です。

 

 

 

もう一度書きますが大事なことは

「スピード」なのです。

 

 

ビジネスの構築スピードが速ければ、

収益が発生するタイミングも

自ずと速くなるわけです。

 

 

そこで大変有効になる戦術が

「システム化」です。

 

 

現代ビジネスでは、

買ってでも苦労をする必要はないと考えています。

 

 

具体的に言いますと、

 

苦労するべきところを見誤らない戦略眼を磨き、自分が苦労しなくて良い苦労は、苦労を買ってでもしたい人に買ってもらう 

 

 

・・・です。

 

 

お金を稼ぎたい人に苦労を買ってもらう

仮に、自身のビジネスを

構築していたとしましょう。

 

 

日々抱えているタスクがたくさんあり、

収益を発生させるための

スピードを上げたいのに、

全ての苦労を買っていたら、

どんどんビジネスのスピードが

遅くなってしまうばかりですよね(苦笑)

 

 

そこで、

苦労を買ってお金を稼ぎたい人に、

自分の苦労を買ってもらえば、

 

ケンイチ→ビジネス構築のスピードが上がる

買い手→お金を稼げる

 

これって【WIN-WIN】ですよね?

 

苦労を買ってもらう=仕事を外注する

 

ということです。

 

 

実際に外注をお願いするときには、

相手に説明できるように

仕事内容を把握する努力は当然しますけど(苦笑)

 

 

自分の苦労を減らし、

ビジネスのスピードや売り上げを加速させる施策を、

「システム化」

と言います。

あなたの生涯年収を変える最強思考術「システム化」その考え方と具体例とは?

2019.01.14

 

 

まとめ

結論、

Q:若い時の苦労は買ってでもするべきか?

A:自分にしかできない(外注化ができない)こと以外はお金を稼ぎたい人にどんどん買ってもらう!

 

すべての苦労を買いまくることは、

合理的ではないですね^^

 

 

今回は以上となります。

最後までお読みいただきありがとうございました^^

 

ご参考になれば幸いです。

2 件のコメント

  • こんばんは。
    昔からの言い伝えがケンイチさんの解釈で、
    視点が変わりましたね。経営者的視点ですね。

    • takafumiさん、コメントありがとうございます^^

      従業員マインドでの視点と、経営者マインドでの視点があり、
      ある物事を見たときの解釈が、現状のマインドによって”ガラリ”と変わってしまいます。

      経営者マインドは、人生を成り立たせている”時間”という資源を有効に活用する思考を持ち合わせています。

      ぼくが学んだ経営者マインドを身に付けられる、無料動画もおススメしています^^
      https://kenichi001.com/sidebusiness_kaitai/jisedai-seminar

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    『サラリーマン』『2つの事業を持つ社長』『愛娘へデレデレなパパ』の顔をもつ、次世代型副業家。 ~10年もの長い不妊治療との戦いの末、奇跡的に我が子を授かる。 不妊治療は高額医療の為、夫婦で頑張って貯めてきた貯金を、すべて使う覚悟で挑む!→見事に全て使い切る(汗) 貯金も底をつく中、さらに、不景気により”給料15%カット”というジリ貧状態へ^^; そんなジリ貧サラリーマンが、未来を切り開くために、インターネットを使った新しい副業との出会いをきっかけに、想像だにしなかった未来へと、大きく人生を好転させた方法を発信中。