副業で月収10万円を安定的に稼げば、現実世界は変わる

ケンイチ
こんにちは、昼「サラリーマン」、夜「社長」の次世代副業家のケンイチです^^

今回は、「副業で月収10万円を安定的に稼げば、現実世界は変わる」というお話をしたいと思います。

余剰資金10万円の世界

あなたが次世代型の副業術を実践し、とある月に10万円の利益を稼ぐこができたとしましょう。
(10万円稼げるまでに至ったら、このメソッドでは、安定的に稼ぎ続ける事は、いとも簡単なのです。)

サラリーマンの給料で、毎月生活ができている状態に、副業でプラス10万円の副収入を獲得した場合、あなたはその余剰資金(完全に浮いている資金)を、どう扱うでしょうか?

ケース1
10万円稼げた時点で、有頂天となり、とりあえず今後のことはどうでもよく、遊びや欲しいモノなどにそのお金を使い、10万円があっさりとなくなってしまった。
ケース2
せっかく10万円も稼ぐことができなのだから、ここは銀行に貯金しておけば、今後のためにも安心だし、無駄遣いもしなくて済むし、よかったよかった、これでしばらくは安心だ!と、貯金に励む。

この二つのケースを比べてみましょう。

 

ケース1の場合は、間違いなく「消費脳」である。

まとまったお金が入れば、すぐさま消費活動に突っ走る。

これでは、お金が増えるどころではなく、どんどん減る一方である。

まあ、10万円稼せいで、好きなものを買えればそれだけで満足だという人は、それはそれで良いとは思いますが・・

ただ、1度10万円を稼げてしまうと、人間は欲深くなるものです。

また、10万円稼ぎたい!という、欲求が必ず出てくるでしょう。

そうなると、また1から10万円を稼ぐ活動をすることとなり、スピード感はなくなります。

 

それでは、ケース2の場合はどうでしょうか。

銀行にさえ貯金をしておけば、ゼロ金利時代ではあるものの、多少なりとも利子がつくし、安心だし、と思われている方が非常に多いのが実状です。

せっかく稼げた10万円をとっておくことのほうが、賢い選択だと思っているのです。

そういう人達にとっては、貯金こそが美徳だという価値観を、長い間、親や社会から刷り込まれ続けた結果でもあります。

 

もちろん、いざという時のために、最低限の貯金は必要なのは間違いありません。

しかし、ゼロ金利時代により、利息による収入はほとんどありません。

それどころか、物価が上昇(インフレ)すれば、当然お金の価値が下がりますので、ただ銀行に置いておくだけで、お金の価値は下がる一方なのです。

つまり利息でお金が増えるどころか、どんどん目減りしていくということなのです。

 

再投資の世界

この二つのケースで間違いなく言える事は、10万円は減ることはあっても、増えることはありません。

消費すればお金は当然なくなるし、貯金をしていても、貯金が勝手に働いてお金が大きく増えていくことはないし、人生を豊かにしてくれることもありません。

良くて現状維持であり、ただ漠然とした安心感を得ているにすぎません。

お金をより稼ぐには、得たお金に働いてもらい、更にお金を増やしていくという、”お金を回転させること”が必要なのです。

つまり、複利的な考え方で、圧倒的にお金が増えていくスピード感が変わります。

 

もし、あなたがサラリーマンであるのであれば、現在の給料で、最低限の生活はできているはずですよね?

そして、次世代型の副業を始めて、月利10万円を稼ぐまでに至ったとすれば、その10万円は余剰資金になるわけですので、そのお金を有効活用して、人生をより豊かなものにするためにも、「再投資」することを強くおススメします。

転売の仕入れ資金に再投資すれば、さらに仕入れ数を増やすことができ、売上も比例して増加していきます。

月数万円でも、数十万円でも、得た利益を再投資すればするほど、自分へのリターンは上昇カーブを描くこととなるでしょう。

 

利益を再投資せずに、戻ってきた元本だけでビジネスを回していても、売上増も見込めず、結果収入もそれ以上伸ばすのが難しくなり、ビジネス自体が面白くなくなってしまうかもしれません。

 

お金がある人の所にお金が集まる理由

よく、お金がある人の所にお金って集まるよな~なんて、聞いたことありませんか?

これを、ビジネス的に表現をすると、「お金を投資して、お金を回転し続けている人に、お金が集積していく」ということです。

 

僕は一昔前、こんなことを思っていました。

「僕のような貧乏人にはお金が集まらなくて、お金持ちの人たちにばかり、お金って集まるよな~、なんでだろう?」と。

ビジネス知識のかけらもない僕には、まったくもってわかりませんでした。

お金が集まる理由など分かるはずもなく、ただただ、「うらやましがる側」でした。

 

しかし、今では「お金を集積させる側」になることもできました。

 

では、僕が一体どうやって「うらやましがる側」を脱することができたのか?

 

それは、自分自身へ投資をしたからです。

 

将来お金を生んでくれるものにはどんどん投資をしていくべきなのは、先にお伝えした通りです。

僕は、お金を生み出す大元、つまり自分自身のビジネススキル”知識・環境”といったものを手に入れるために、相当な投資をしてきました(確か、200万円は超えているかと)。

もちろん、投資額以上のリターンは得られてますが、僕が一番お金以上に良かったと思っている事は、ビジネスに対して「自信」がついたことです。

ビジネスのビの字も知らなかった無知な時代の僕と比べたら、別人過ぎてウケますwww

 

自分のビジネスはもちろんのことですが、サラリーマンとしても、圧倒的なビジネス知識を武器に、お客様や同僚や上司からの信頼を得ることができ、会社から依存される側にもなりました。

会社に依存する側を脱せられたように、自分自身でお金を生みだせるスキル(資産)を手に入れることが、もっとも費用対効果の高い投資だと今では自信をもっておススメできます。

種をまかなければ作物が育たないのと同じことで、時間と労働力を会社に売る以外の収入源が育たないので、会社からの給料だけに依存し続けなくてはならなくなってしまうのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

『サラリーマン』『2つの事業を持つ社長』『愛娘へデレデレなパパ』の顔をもつ、次世代型副業家。 ~10年もの長い不妊治療との戦いの末、奇跡的に我が子を授かる。 不妊治療は高額医療の為、夫婦で頑張って貯めてきた貯金を、すべて使う覚悟で挑む!→見事に全て使い切る(汗) 貯金も底をつく中、さらに、不景気により”給料15%カット”というジリ貧状態へ^^; そんなジリ貧サラリーマンが、未来を切り開くために、インターネットを使った新しい副業との出会いをきっかけに、想像だにしなかった未来へと、大きく人生を好転させた方法を発信中。